移住する?

春が行ったり来たり

今年の春は行ったり帰ったり。来たと思ったら翌日には帰ってしまうみたいな。本当に今年は異常気象なのか、アデレードの貯水池はすでにほとんどで100%満水です。という事は大雨が降っても今度は下流に流すしかないので水害が心配なぐらいですね。雨はまだまだ降るのに。

春といえばロイヤルアデレードショウ。ショウの開幕とともに、公式的に春がおとづれるといわれるのですが、今年のショウは雨ばっかり、商売上がったりだと思います。ショウが終わってもストーブつけてるなんてはじめての事でした。

その他オーストラリアの話題といえば、選挙から2週間たってようやくどちらの党が政権をとるかが決まりました。このぐだぐだがまたすごかったです。毎回保守連合と労働党(左より)の二大政党の対決なのですが、今回は労働党の支持が大暴落して、両者完全に拮抗で、どちらも過半数を取れずというような結果になってしまいました。それで喜んだのがわずか4人程度の無所属議員の人たち。キャスティングボートを握るこの4人のところに連日両党が彼らの選挙区へのバラマキのお土産をちらつかせて説得工作でした。結局より多くのお土産をもっていった労働党が説得に成功し政権を引き続き政権を担うことになりました。でもたったの2議席差であり、無所属の人たちは連立を組んだわけではなく、首相を決める投票を約束しただけなので、この中の一人でも反対すればすべての法案が通らなくなってしまいます。今回保守連合はあまり政権奪取に積極的でなかったように見えました。今の議席数で政権をとっても運営していけないのがわかっていたのかもしれません。労働党としては次選挙をやれば必ず負けるので出来るだけ引き伸ばしたい所だと思いますが、おそらく早期に政治は頓挫して再選挙なんて事になるのではないかと思います。

さて政治はさておき、我が庭には寒いながらもたくさんの花が咲き始めました。春になると植えたわけではないのですが前のオーナーが植えていたと思われる球根系の花が一斉に咲き乱れます。夏になると完全に枯れ果てるんですが、次の冬には必ずまた元気に芽を出してきます。球根というのは日本では冬を乗り切る物だと思っていのですが、オーストラリアでは夏を乗り切る手段になってるようです。

b0042053_19235040.jpg

正式名称はわかりませんが、我が家での愛称「ニラニラ草」にらのような強いにおいがします。最初はあちこちがこれで覆われてたのでだいぶ駆除しました。ほうっておくと際限なく増えるっぽいです。ほしい人がいたらあげますので掘りにきてください。

b0042053_19253589.jpg

これは前庭の外(カウンシルの土地)に咲いてる花。これはデイジーみたいにどんどん伸びた先に根を張って広がっていく系です。ちなみにこれは枯れずに夏を越します。憎きカタバミと縄張り争いをしているので、冬にカタバミを抜いてちょっと加勢してやると今年はいい感じでテリトリーを広げています。今月末ぐらいが見所かな。

ほかにもいろいろ咲いてるんですが、ピークを過ぎたので写真を撮るほどではなくなってしまいました。最後にほぼ満開になったプラムの花を。もう少しピンクだったら桜みたいでいい感じなんですが。

b0042053_1929042.jpg

[PR]
by trancoso | 2010-09-12 19:31 | アデレード暮らし
<< ごぼう植え替え 春が来た(今日だけ) >>



日本も好きだけど、もう少しだけスローな生活がしたい。というわけで、オーストラリアはアデレードへ移住してみました。とりあえず仕事はみつかったんだけどどうなる事やら?
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
お役立ちリンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
片麻痺が驚くほど回復した!
from 片麻痺治療
オーストラリアの医療制度..
from This is my life
自動車税の返還について
from 自動車税を極める!車の税金の..
その他のジャンル