移住する?

<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

引越し2/3完了

いやはや、早い物で25日に鍵を受け取り、自分の乗用車で毎日荷物を運んだり、友達からいただける事になっていたソファとガレージセールで買った机を、VANを借りてピックアップにいったり、そして今日は朝から冷蔵庫と洗濯機を配達してもらったりで、あとは借家の掃除、最後の日に生活必需品の移動、新しい家の荷解きなどです。

あまりおやくに立つ情報はありませんが、家電はThe Good Guysが安かったです。チラシの価格でも十分安いのに、それから最低5-10%ぐらいは引いてくれます。ここで激安だったのがDysonの掃除機。一番安いモデルでしたが、別売りのタービンブラシを買えば上位モデルと遜色なしです。まさかこんな物が財布の紐の堅い我が家にやってくるとは・・・。一応前のオーナーが綺麗に掃除機をかけてくれたんですが、受け渡しの日に試しにかけてみると、取れるわ取れるわ。2回満タンになるぐらいのホコリが取れました。洗濯機と冷蔵庫は韓国製にしました。もちろん日本の家電が一番いいんですが、日本製のは電圧の関係なのか、おそらく中国生産の中国向けのモデルベースの物が輸入されてるんだと思います。だからセレクションも少ないし、機能も日本で売ってる物に比べたらぜんぜんみたいです。でも韓国製は本国が220Vなのでおそらく韓国で生産した物が来てるのではないかと思います。漫画、大衆文化、自動車、電化製品、みんな日本のコピーなだけに、電化製品も日本製品を研究していて、似たようないろんな機能がついています。SAMSUNGの洗濯機には日本製品っぽい無くてもいい「銀イオン洗浄」機能もついてました。後もう一つ、オーストラリアでは水の消費効率の表示が☆1つ~5つで表示する事が義務付けられているのですが、SAでは4つ以上だと何と$200の補助金をもらえます。つまり$200引き。うちら的には6Kgぐらいのものでよかったんだけど、Samsungの8Kgのが☆4つだったので、小型の物よりも逆に安かったのでこれにしました。AUS製品には無い糸くずフィルターやおはようタイマーなども付いていて便利そうです。でも銀イオンは使わないだろうなあ。

それから懸案だった通信ですが、TPGはやめてInternodeのNaked ADSLにしました。理由ですが、TPGはやはり安いプロバイダなので、値段以上には使えるものの、やはりたまにトラブルがあるようです。通常の電話を契約せずにIP電話になってしまうので、ネットが落ちると電話が受けられないので信頼性は必須です。もう一つはTPGはOffpeakといって夜中の使用量(Australiaは1ヶ月の使用量が決まっていて、それを越えるとダイヤルアップ並の速度に落ちる)が別枠で設定されているのですが、それを目当てに100GBとかダウンロードしたいヘビーユーザーが山ほどいるらしく、夜中の1時を回ると激しく遅くなるようです。一方のInternodeは少し値段は高めですが最近下がってきてるし、海外への回線容量が多いようで、外国に対するアクセスが早いんだそうです。これは大きなポイントでした。仕事も速く来週の金曜ぐらいに開通するそうです。

順調なようですが、いきなり洗濯機の蛇口から水漏れしてました。ワッシャがへたっていたらしく漏れていました。きっと壁のなかも水浸しだったかも。おそらく前のオーナーも知ってたはずなのになんで教えてくれなかったんだろう。ともかく即スパナを出して分解。その足でBunningsへ行って補修部品を買ってきて修理しました。水漏れが見えなかったお湯の方も念のため分解してみたら漏れてました。やばいやばい。これからは蛇口の水漏れは全て自分で治せそうです。また一つDIYで出来る事が増えました。これからもっと色々やらないといけないんだろうなあ。というわけで、次回のUPは来週の金曜以降になります。
[PR]
by trancoso | 2009-03-27 19:21 | 家探し、購入、リフォーム

南オーストラリア住宅購入手順(契約後~引渡しまで)

前回はクーリングオフが終わって保険に入ったところまででしたっけ?
その後売買に関してやる事を忘れないうちにまとめておきます。

・ローンの契約締結
申し込んだローンの内容にそって手数料や支払額が決定されて、最終的なローンの契約書が出来上がったらいよいよサインです。変動ローンの場合は通常Offset Accountという貯金口座を開いてローンとリンクさせておけば、Offsetに入っている金額分はローンの利息が免除されます。例えば$100K借りて$80K Offsetに入れておけば、金利は20K借りてるのと同じことになります。これはうまく使うといざという時をしのぐのに大いに役立ちます。例えば失業、緊急手術、車が突然廃車などでもOffsetから出すだけですので、住宅金利と同じ利率で持ってないお金を自由に動かす事が出来ます。もちろん変動ローンなので、Offsetに入っている金額を一気に返済してもかまいません。(銀行によっては手数料を取る場合もあるが)自分の場合は、念のために必要な額の2倍ぐらいのローンを申し込んで、Offsetに全部突っ込む事にしました。

さて話がそれましたが、そんなこんなで契約を確認したりしながら、延々何枚もの書類にサインしていきます。

・FHOG
この国では初めて家を買う人はお金がもらえます。でも家購入の印紙税が莫大なのでそれを払ったら赤が出ます。(6月までは緊急経済対策でFHOGが2倍になっているので、Payできますが) で、申請するわけですが、個人で申請する方法とローンを組む場合は銀行などに申請してもらう方法があります。どっちでももらえる額は一緒ですが、銀行に代行してもらうとSettlement(家の引渡し日)より前に入金されるのと、提出する必要書類が大幅に免除されるというメリットがあります。全部の銀行がやってくれるのかわかりませんが、やってくれる場合は任せた方が絶対楽です。

・代金の支払い
Settlementが近づいてくるとConveyancerが購入額、税金、代行費用、法定費用などを全部計算して必要額をStatementにして送ってくれます。そしてその金額を指定日までにConveyancerに支払う事になります。支払方法は場合によりけりですが、Bankchequeで払ったり、ConveyancerのTrust Accountに送金したりして払います。ConveyancerはSettlementの日に相手側のConveyancer, Loanの担当者と時間を決めて集まり、お金の引渡しと家の権利の譲渡を同時に行います。これが終わると受け渡しが完了したという証明書を受け取り、不動産屋の事務所に持っていって鍵を受け取ると全てが終了します。

今日ようやく振込みをして家の購入に関して自分がやる事は全て終わりました。あとは当日Conveyancverからの電話を待って鍵を受け取りに行くだけです。いやはや長いようであと6日になりました。いよいよカウントダウンです。
[PR]
by trancoso | 2009-03-19 21:05

電気、ガス、電話など

いよいよ引越しまであと1週間少しです。という訳で、検索大臣のわたくしとしましては、色々と調べに調べまくって手続きしましたよ。

電気・ガス
オーストラリアではガスも電気も供給元は所詮同じ会社なのですが、小売会社がいくつもあって選べるようになっています。SAで代表的なのが、Origine Energy, AGL, Simply Energyなどです。各社とも色々なプランがあって、電気ガスを同じ会社にすると割引があったり、安い物は契約期間の縛りがあったり、基本料金は高いがレートは低いとかその逆とか。お湯が電気かどうかとか、使用量によってもどこが一番安いかはかわってくるので、その辺は比較サイトが山ほどあるので計算してみるといいと思います。自分は使用量が読めないので、どのぐらいの使用量でもそれなりに安いという事で、Simply Energyで両方契約しました。何だか最初から7%割引になっている上に、期限内に支払えば1%、銀行引き落としにすればさらに1%、契約が1年を越えればもう1%と割引があります。期限内に支払えばって、、、当たり前じゃないんですか?

電話
いわゆるNTTに匹敵するのがTelstraです。ADSLが引ける一番安い回線プランで27ドルちょい。最安の20ドルのプランは、みんながこのプラン+ADSL+IP電話にして全く通話料が取れないのか、勝手に20ドルのプランでの自社以外のADSL契約を禁止しました。それからこの会社、親方カンガルー根性が抜けてないのか、電話番号を電話帳に載せない事に月3ドル近くも料金を取りやがります。ちなみに払わないと名前はおろか電話番号、住所全て世界に晒されてしまいます。ちなみにWhitpageに知ってる人の苗字を入れれば住所が分かり、google mapに貼り付ければ家の写真が見れてしまうという・・・ 名前が J Bakerなどであればアデレードだけで数百人いるのでなんてことは無いのですが、日本人の名前だと一発です。ちなみに自分の苗字はオーストラリア全土の電話帳でたった一人だけでした。という訳で電話帳に載せないは必須になりそうです。

最近勢力を伸ばしてきたのが携帯電話会社のOptusです。ただこのOptusなまじっか自社交換機を最近増やしてきたせいか、自社以外のADLS2につなげないという事例が多発してます。Telstraの回線ではなく自社ケーブルを引いたりしてるらしいです。OptusのADSLは高いので、ちょっとぐらい電話が安くても意味無しです。

ほかにはAAPTやMaxotelなど色々あるようですが、おそらくTelstraの小売だと思われます。それからNaked DSL(電話契約不要なADSLプラン)とともに伸びてきたて将来有望なのがIP電話。TPGのNaked DSLは25G契約で月59ドルと格安です。Telstraに払う30ドルも不要ですのでIP電話と組み合わせると格安で通信が確保出来ます。ちなみにIP電話は従量制だと一分で国内1.8セント、日本2セントなど激安です。最近はかけ放題の物もあって、日本まで何分かけても1回8セントと驚き価格。IP電話でも通常の電話番号がもらえて普通に市内通話で受けられる会社もたくさんあるので問題ありません。ただし電話番号が08-7xxx xxxx(通常アデレードは08-8xxxで始まる)などと少し変わった番号になってしまうのが難点といえば難点でしょうか。(会社によっては今使ってるTelstraの番号を移植したりも出来るようです。)

インターネット
Bigpond(Telstra), Optusは高いので忘れましょう。リーズナブルで値段も安いのが、TPG、Internodeなどです。ADAMも安いですが、今の借家のネットがこれでトラブル多いです。(ただ交換局から遠いのが問題なのかも)。TPG、Internode、ADAMともNaked DSLがあるので、それとIP電話を組み合わせればTelstraに払う月30ドルが不要になります。ただばかばかしい事に、Naked DSLの場合でも結局プロバイダがお金を払ってTelstraから電話線を借りている関係で、ADSLを申し込む前に必ずTelstraの電話契約をしている必要があります。(なんのこっちゃ) ともかく新規引越しの場合はTelstraの電話は必須という事で、契約してしまいましたが、Nakedに切り替えたら工事費の59ドルまるまま捨てる事になってしまいますね。まあ仕方ないか。Naked DSLでは当然モジュラーに電話機をさしても通話出来ません。IP電話会社と契約して、VoIP機能付きのADSLルーターに電話機をつながないといけませんが、セッティングが完了すると普通の電話のようにかけたり受けたり出来ます。

自分の計画では、TPGのNaked DSL(月59ドル)+Pennytel VoIP(月額無料で分課金制もしくは月額5ドルで日本まで8セントでかけ放題)でいこうと思ってます。

水道、カウンシル税など
水道やカウンシルに払う税金などの手続きはConveyancerが全てやってくれるそうです。多くのConveyancerはサービスでやってくれるみたいですね。

郵便
転送手続きをする事が出来ますが有料です。そして転送期間によって値段が上がっていきます。日本のように誰が住んでいるかなど郵便局では一切管理されてないので、転送期間が終われば住んで無くてもどの住所に郵便が届きます。うちの家でも聞いた事も無いような人たちの手紙が今でも頻繁に届きます。

大体こんなもんでしょうか。あとは各機関に住所変更届を出したりでしょうか。とりあえずこれから本格的に荷造りを開始しようと思ってます。
[PR]
by trancoso | 2009-03-17 21:02 | 移住後の手続き

鍼治療

例のCTの結果でしたが、よくない物が見つかってしまいました。とりあえず専門医の予約を入れたのですがプライベート病院なのに1ヶ月待ち。何だか背骨しか診察しない、その名も「アデレード脊椎病院」。とりあえずそこの診断と非手術治療の専門家の人に見てもらうことになりました。その人が手術の必要性も含めて判断してくれるそうな・・・ まあ神経痛も無いし、たまに足がしびれる程度なんで手術は無いかなと思ってます。

で、背中の筋肉の張りをとらないといけないのですが、診察まで時間がまだまだあるので、友達オススメの鍼灸院に行ってきました。筋肉を緩めて老廃物を除去して柔軟性を回復する必要があるというのは日本の接骨院の先生も言ってたので、おそらく鍼がベストだろうという結論です。

期待通り中華料理屋のオヤジのような先生が一通り問診してから、背中、尻、太ももに鍼をぶっすぶっす刺していきます。日本で使うような持つ所がプラスチックの短い物ではなく、長い金属製の鍼をぶっすぶっす突き刺していくので刺す瞬間とか刺した後も力を入れたりすると結構痛かったです。これは効きそうだ。

で、一通り刺し終わったあとは電極をつないで電流を流します。それと平行して電気治療をふくらはぎに行うのですが、いきなり結構なパワーでやられて、ふくらはぎが吊りました。手をバタバタして痛いのをアピールしたのですぐにスイッチを切ってくれたのですが、あちこちに鍼が刺さってるので寝返りも打てずもだえてました。やはりもともと変な張りがあったので電圧を加えた時につったんでしょう。後自分の足は遠距離チャリ通学のために高校時からサッカー部並に異様に筋肉質なので、余計に電流が流れたかのかも。普通の人は多分大丈夫なんでご心配なく。

最後に鍼を抜いて背中に電気パッドをつけて電気治療をしばらくやりました。腰はすぐには治りませんが、臀部痛は治療後数時間は完全に消えてました。さすが中国四千年。で帰りにお土産ではなく薬を貰いました。これが旧正月のお菓子みたいな箱に入っていて、しかも箱を空けるとロウで固めたガチャガチャのカプセルの中に、これまた正月のお菓子みたいな金箔で包んだ硬くなったアンコみたいな薬が入ってました。(薬やのに、なんで金箔で包む必要が?)薬自体はなんでも血栓を柔らかくして血流をよくし、筋肉の老廃物の排出を助けるのだとか。何のことかわかんないと思うので写真で。

b0042053_20341244.jpg


箱には「同仁大活絡丸」と書かれていました。

非常に評判のいい鍼灸院で腕もいいという事ですが、部屋が殺風景だったり掃除が適当だったり、壁一面に経絡の図が張ってあったりと、中国の旅行時にお世話になった田舎の病院みたいで異国情緒満点でした。結構良さそうなのでとりあえず5回ぐらい継続して通う事にします。1回50ドルかかりますが、治療はじっくり1時間かけて色々やってくれるので、1分で20ドル取られるカイロプラクティックなんかよりはずっと良心的かも。
[PR]
by trancoso | 2009-03-13 20:36 | アデレード暮らし

大学生活早二年

あっという間に某大学に勤め始めてから2年が過ぎていました。ありがたいことに今年も無事1ランク上がったので若干給料も増えました。設計など技術的なことに関しては1年目から余裕でしたが、2年目は色々学生の話を聞いて相談に乗ったり提案をしたりなどの業務もぼちぼちとこなして少しだけですがレベルアップできたかな。何よりも休憩時間などの無駄話に割りとスムーズに入って行けるようになったのがうれしいです。(とはいうものの、大勢で盛り上がって話してると何を言ってるかわからない事はまだありますが)

来年もう1ランク上がったら今の職級ではそれで打ち止めなので、スタッフ会議に出たり、OH&Sなんかの役割とかマネジメントっぽい事もそのうちこなして将来的に上の職級に行けるようにしなければと思っています。何より現場たたき上げで上がってきた、教授連中も一目置くカリスマ技師のボスがあと5年以内に定年してしまうので、それまでに出来るだけ色々吸収しておかないとなあ。ちなみにその下は自分より1年先輩のPくん(ずっと年下なので今までの職歴は自分の方がずっと長い)で、その次が自分、そして1年後輩の中国系のおねーさん。

プログラミングやデジタル回路系に関してはもともと教える事はあっても教えてもらう事はまず無いのでそれ以外のアナログ系、高電圧系など特に大容量のモーター制御なんかのアプリケーションを一通り理解するのと、あとは溶接や簡単なNCなども一通り学べたらなあと思っています。まあお隣の機械加工室にはその道の職人さんが一杯いるので時間を見つけて教えてもらわないと。

今年は何だか学生が増えたようで、卒業プロジェクトの数も例年に無く多く、4月以降は火の車になりそうですが、まあ仕事が一杯あるのはいいことだという事で、来年の今頃には1年間進歩したなと思えるように頑張らなくてはと思っています。
[PR]
by trancoso | 2009-03-11 19:42 | 就職活動&仕事



日本も好きだけど、もう少しだけスローな生活がしたい。というわけで、オーストラリアはアデレードへ移住してみました。とりあえず仕事はみつかったんだけどどうなる事やら?
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
カテゴリ
お役立ちリンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
片麻痺が驚くほど回復した!
from 片麻痺治療
オーストラリアの医療制度..
from This is my life
自動車税の返還について
from 自動車税を極める!車の税金の..
その他のジャンル