移住する?

<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

キャンプでジンギスカン

この前日本人の友達と飲んだときに「こっちのラムは美味しいよねえ」という話が出たのですが、考えてみればオーストラリアに来てからラムを一度も食べた事がありません。という訳で今回のキャンプはラム肉を使ったジンギスカンをやろうという事になりました。

ラムは安い!という刷り込み(昔来た時の感覚)があったのですが、ラム、、、めっちゃ高いです。どうでもいいようなラムチョップ(骨ごとぶった切ったあまり食べる所がないの)でさえキロ$10します。ケツのステーキなら$15、モモのステーキなら$18、サーロインなら何と$35もします。ラムなのに・・・・・

という訳で、モモステーキ200gとラムチョップ400g(特価で$2)を買って帰り家で肉をそぎ落として薄く切って下ごしらえ。あとジンギスカンのタレももちろんお手製です。

醤油と砂糖、白ワイン、みりん、唐辛子をまず煮立たせて、冷めたら摩り下ろしたタマネギ&りんご、生姜、ニンニクを加えます。ターメリックやレモン汁などをお好みで加えても可です。で、肉は当日の出発直前に漬け込みます。前回の教訓で簡易キャンプでは初日のディナーの下ごしらえは全部家でやりました。

で、今回向かったのは、アデレード近郊(走行距離150Kmぐらい?のディープクリーク国立公園です。ここはいろんなキャンプ場があるのですが、目玉の海が見下ろせるというTapanappaキャンプ場にしました。この日は暑いという予報だったので、夕方に到着するように行って、夕暮れの海が見下ろせる断崖を散歩したりしました。

b0042053_13403018.jpg


で夜はいよいよジンギスカンですが、ここで我が家の新兵器というか、オーストラリアでお手軽キャンプをやる家族なら誰でも持っていると思われるほどポピュラーなツーバーナーのガスコンロです。もちろん中国製でいろんなブランド名でいろんな会社が売ってますが、全部同じ製品だったりします。あとこれに小型のランタンとランタン用ポール、パン焼き網がセットで特売だったので前のキャンプ時に購入しました。

b0042053_13544691.jpg


でフライパンに漬け込んだタレごと肉をぶち込むと北海道旅行したときの臭いがしてきました。いざ試食ですが、これはかなりうまいです。松尾のジンギスカンを越えたなという気がします。試食したい人は是非キャンプに誘ってください。あつあつのジンギスカンをつまみながらこの間から作ってるビールを飲むともうご機嫌です。ビールは日本で地ビールが流行った頃の、銀河高原ビールのような炭酸が少し少なくて甘い感じがしました。いかにも自家製っぽくていいです。満点の星空を見ながら夜が更けていきました。

翌日は早起きして絶好のロケーションから日の出を見ました。キャンプの早朝って結構好きなんですよね。まだ空け切らないうちにランタンを灯してコーヒーを飲んだりしました。陽が高くなるとすぐ暑くなるので、早々に撤収して森の中のウォーキングトラックを少し歩いて公園を後にしました。そのまま帰るのもアレなので、この前職場のおじさんに教えてもらった「アデレード周辺で一番美味しい」というフィッシュアンドチップスを食べに行きました。

場所はポートエリオットの海水浴場の隣です。Coopers Ale buttered fish'n chipsというやや長い名前です。どうやら衣を溶くのにビールを使ってるようです。値段はフィッシュアンドチップスのくせに$11もするのはありえないなーと思いつつ、やはり美味しかったです。これはもう料理ですね。海沿いの席に陣取ってチップスをつついていると、海からの風が気持ちいいです。ちょっと高いけどさすがアデレードエリア一番の称号はだてじゃないです。ビクターハーバーなどへ行く人はぜひオススメ。

b0042053_14282121.jpg

[PR]
by trancoso | 2007-04-15 14:45 | アデレードお出かけ

STNI調査票

久しぶりにビザがらみの話です。

来ないなー。たぶんもう来ないだろうと思っていた、sub class 137ビザ保持者向けのCircumstanceの調査ですが、今頃になってきました。これはSTNIビザ取得者に義務付けられている、州政府からの調査なのです。そもそも州のスポンサーを受けた人はその州に住む約束をしているので、州内に住んで働くという債務があるわけです。もっともSTNIの場合はそれ自体が永住ビザなので守れなくてもビザを取り消す事は難しいんだろうけど。

で、ようやくやってきた調査ですが、やれやれです。もちろんSettlementの状況に着いての調査なので、調査があった時点で仕事がみつかって無いと「無職」と書かなければいけないわけです。何とか仕事もみつかり勤務先欄も埋める事が出来てほっとしました。

ちなみに、STNIビザをスポンサーした州政府は、ビザ取得者に対して調査を行い、ビザ取得者の現在の状況や、約束を守ってない申請者などを移民局に報告する義務があるのだそうです。なので一応形だけでも調査をやってるんでしょうね。

この調査は移住から半年後、1年後、2年後の3回行われるそうですが、すでに10ヶ月ようやく1回目ですから果たして次があるのかどうか。多分州政府もSA移住者は実質STNIからSIRにシフトしてしまったのであんまりやる気は無いようです。実際SAに新規で移住してくる永住権保持者はガクッと減ってしまい、TAFEの求職者集中トレーニングコースなんかもビザがネックで人が集まらなくて、コースがどんどん縮小してるのだとか。

大した情報じゃないけど、一応記録まで。
以下英文を張っておきます

------------------------------------
As you have been Nominated by the Government of South Australia under the State/Territory Nominated Independent “STNI” Scheme and have signed a Declaration agreeing to live and work in our State for at least two years, you are required to keep us informed of your residential and employment details during this period.

Immigration SA, in turn is required to report regularly to the Commonwealth Department of Immigration & Citizenship “DIAC” on your residential and employment status or if you have not complied with the conditions of the Nomination.
[PR]
by trancoso | 2007-04-12 21:51 | 移住後の手続き

最近のブーム

最近の我が家のブームはといえば、、、キャンプと酒造です。

今まで色々作りましたが、ついに酒ですよ酒!。ビールなんですけどね、ビール作り?すげー!と思った人、こっちでは普通にスーパーでホップエキスとかビールを仕込むための材料が売られていて、割と簡単に作れるのです。という訳でこっちの人に話しても、へえ。という感じです。しかも我が家の場合は遊び半分、経済的理由半分です。

自分で作ると小瓶50本ほど詰めてたったの1500円でお釣りがきます。我が家でビールといえば底値(30缶$33と)で売ってる、WestendかXXXXの軽いのです。ちなみにアデレードではビールといえばCoopersです。間違ってもVBなんか飲もうものなら、近所から村八分です。でもCoopersは高い24缶で$40ぐらいしやがります。収入が入っても高い物は高いのです。じゃ、自分で作っちゃえという事で、$60はたいて(それでも特価)道具一式そろえました。

セットには、発酵用のポリタンク(25Lぐらい)、エアロック(炭酸ガスが外に抜けるが外の空気は中に入らない)、温度計、比重計、王冠打ち器、フィラー(瓶に注ぐときの長いつつ)と1回分の材料が着いていました。

b0042053_22403277.jpg


まずホップエキスの缶詰を開けて、ポリタンクにぶち込みます。水あめ状でいい臭いがします。お湯を入れてかき回してからその上から水飴を投入します。(普通の砂糖でもいい)。水を加えて20Lぐらいにしてからイーストを投入して待つ事約5日。その間もエアロックからゴボゴボ空気が抜けて、アルコールのいい香りがします。

そして比重計が規定の比重まで下がったら1次発酵が終わったら、瓶詰めです。この時点でビールは微炭酸ですので、このときに瓶に少量の砂糖を混ぜてから栓をします。これで再び酵母が発酵を行い炭酸の効いたビールになるわけです。砂糖の量を間違えると瓶が爆発するそうですので注意です。



瓶だけだと50本以上になってしまうので、1.25Lのペットボトル総動員です。全部つめる頃には病みあがりなせいもあって、かなり疲労困憊でしたが何とか終了しました。あとは2週間後のお楽しみです。

次回はぜひカスケードを仕込んでみる予定。
[PR]
by trancoso | 2007-04-10 23:04 | 自家製○○

お仕事1ヶ月

あっという間に1ヶ月です。色々というか英語なんですが相変わらず大変です。他部署からのお客さんも徐々に対応できるようにはなってきてるんですが、やっぱりまだまだ不十分です。まあその辺のやり取りや研究者へのヒアリングなどははボスや同僚も今の所そんなに期待してないようで、それ以外の面で何とか貢献しようという感じです。

仕事の方も慣れてきて、これまで4つの割と簡単なプロジェクトを片付けました。やはりデジタル系(マイクロコントローラー)などは一日の長ありという感じで、期待以上の働きは出来ているようです。特に学部生の実験クラスで使っているボードは、うちのワークショップにはアセンブラ環境しかないのであまりみんな手を出したがらないようで、いつの間にか自分がエキスパートにされてしまいました。アセンブラなんて何年ぶりだろ・・・

一方でアナログ系はやっぱ難しいですね。例えばこういう機能を実現したいときに、実際どうやって回路を組むかがデジタルのように自分の感覚でぱっと出てこないので大変です。まあその辺はボスがヒントをくれるんで何とかなってますが「ああ、こんな便利なICがあったんだあ」と感心しながらインターネットでカンニングしつつ設計するような感じです。

仕事は忙しいといえば忙しいですね。常に手が動いてます。朝から夕方までフルに働いていますが仕事時間は短いです。自分的にはあと30分あれば片付く仕事であればその日中に仕上げてしまいたいんだけど、「ほら、もうこんな時間だぞ、とっとと帰った帰った」といつも途中で切り上げて帰らされてしまいます。しかも隔週週休3日の上に今月は祝日だらけなので、実際週3日しか働かない週続出で、この分だと本当に日本にいたときの半分ぐらいしか働いてないかもしれません。ああ、もう日本には帰れないな・・・・ボスには本当に良くしてもらってます。

今日も、こっちに身寄りの無い自分達を、イースターのホームパーティーに誘ってくれました。山ほどイタリア料理や、別荘のブドウ畑から作った自家製ワインを振舞ってもらい、たくさんの人とも仲良くなれてよかったです。嫁の作ったおにぎりと麻婆豆腐も好評で何よりでした。

こんな感じで良いボスにも恵まれ少しずつこちらになじんできました。後半年ぐらい経ったらどうなってるんでしょうね?少しは英語も上達してるといいんですが。
[PR]
by trancoso | 2007-04-08 23:06 | 就職活動&仕事



日本も好きだけど、もう少しだけスローな生活がしたい。というわけで、オーストラリアはアデレードへ移住してみました。とりあえず仕事はみつかったんだけどどうなる事やら?
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
カテゴリ
お役立ちリンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
片麻痺が驚くほど回復した!
from 片麻痺治療
オーストラリアの医療制度..
from This is my life
自動車税の返還について
from 自動車税を極める!車の税金の..
その他のジャンル