移住する?

カテゴリ:永住権申請( 14 )

VISAシール無事受領

昨日で仕事も無事納めて、これで晴れて自由の身です(笑)そんなわけで昨日は嫁と夜中までバカ話をしてて寝たのが2時半、そして今朝8時過ぎにおきて最後の手続きにいってきました。そんなわけでコレを打ってる今も眠いのなんの・・・・

永住査証のEvidenceですが、これは営業日の午前中にいきなり行けば、その場ですぐやってもらえます(一応事前に電話で確認した)。大使館のHPに「永住権の方は予約が必要」みたいな事が書かれてましたが、これは結婚やらそんなのでビザを日本に申請する人相手の話のようでした。

で、行ってみると、東南アジア系の人が一人窓口でめもてて、そのあおりか行列になってました。(前回行った時は誰もいなかったのに) で、20分ぐらい待って自分たちの番で、パスポートとレターを渡してわずか20秒で終了・・・・その後待つことわずか5分ほどで、シールの張られたパスポートが戻ってきました。そこで妻の感想は。

b0042053_23284324.jpg

「ワーホリビザと一緒」
「・・・・・・」

確かにそうだが妻よ、、、まあ後で喜んでたんで良しとしましょう。
そしてそのままお祝いと、最後にうまい物を食べようということで、勢いあまって道場六三郎の店にいってきました。前にも嫁の誕生日で行った事があるんですが、相変わらず「うひょー」とか「ありがとー」とか思わず口から出そうになる旨さでした。多分今まで食べた物の中で一番旨かったと思います。よかったよかった。

ま、そんなわけで今後は準備日記やら、旅行日記やらになっていくかと思いますが、よろしくお願いします。無料HPを探さないと・・・・
[PR]
by trancoso | 2005-12-08 19:23 | 永住権申請

VISA Granted

本日午前11時21分 VISA Grant Letterが届きました。

追加書類提出からしばらくして、メールを携帯に転送するようにしてたんですが、やってくるのは連日迷惑メールばかりで、このまま永遠に来なくてアマゾンでお客さん相手に仕留めたワニをさばいている自分の姿が思い浮かんでくる毎日でした(笑)

添付ファイルが開けないので詳細はわかりませんが、”Please find attached your Visa Grant letter”と書いてたのでガセという事はなさそうです。良かった良かった。

さてこれからなんですが、とりあえず南オーストラリア州に"ビザ来ました"の連絡をしないといけません。あと渡航予定も決まったら連絡しないといけないのですが、とりあえずイニシャルエントリーと言う形になるんで、2回目の入国でもOn Arrival Accomodationが使えるか確認しようと思ってます。

これで飛行機でオーストラリアに出国というオプションが増えた物の、退職日が延びたうえに、最後になるかもしれない親孝行冬のカニ旅行(関西の習慣)に行く予定なんかも立ててるんで日程的に厳しいのでやっぱ船か、飛行機でバンコクでしょうねえ。

ビザのコンディションやらは帰宅してから改めて追記したいと思います。
取り急ぎご報告まで。

(帰宅後追記)
pdfを開くまで「はずれ」とか書いてないかとドキドキしてましたが、大丈夫でした(笑

特筆する事としてまず、このレターは「VISAが発給された事を通知する物であるということで、よくフォーラムなんかではpre-grant letter receivedとか言われてますが厳密に言うと間違いです。つまりこの日から5年間のマルチビザという事ですので、シールを貼ってもらった日付はVISA自体に何の影響も与えないようです。

シールを貼ってもらう場所は、自分が受け取ったレターによると、日本である必要はなく、別表にあるいかなるオーストラリア国外の領事館でもいいようです。

他には、家族は申請者が最初に入国した後にしか入国できないという事、最初の入国までは、もしCircumstanceに変更があった場合は通知する必要があること、他いろんな移民用の情報のリンク先が書かれていました。

タイでのビザ貼り付けは体験できなかったのが残念ですが、木曜日にでも妻と一緒に大使館へ行ってこようと思います。
[PR]
by trancoso | 2005-12-02 11:57 | 永住権申請

健康診断クリアされる

こんにちは。何かと心配な健康診断ですが、無事クリアしたようです。

ビザが下りる前に退職宣言しないといけない雰囲気になってきたので
すが、土壇場で却下されたら目も当てられません。まあ仕事はまた
探せばすむはなしなんですが。

というわけで、かなり心配になってきたので、Local Clearance Unit
(Off shoreの健康診断結果を最終的に判断うするシドニーの組織)
のHPをみてみたのですが、どうやら結果問い合わせwelcomeみたい
な感じだったので、早速問い合わせてみました。

詳しくはこちら↓
http://www.immi.gov.au/allforms/local_clearance_unit.htm

パスポート番号やら送った日付やらを添えてメールで問い合わせると
翌日結果が返ってきました。(レスポンスいい!)

そのメールによると
「あなた診断書は受領され、10月26日付けでクリアされました事を
喜んでお伝えします。なおこれ以後のことについては、あなたの担当
のケースオフィサーに問い合わせてください。」だって。

よかったー。

あとは職場に大使館から電話が入り、結婚の証明で送った追加資料
が認められれば、最終判断となると思います。

結構は多くの人がレントゲンで引っかかってたのを、フォーラムや
ブログで見てたので心配してたのですが、これで一息つけそうです。
[PR]
by trancoso | 2005-10-28 23:21 | 永住権申請

最後の?書類到着

いやあ、相変わらずオーストラア宛てのEMSは時間がかかりますね。本日やっとこさ、健康診断の結果がLCUに、無犯罪等の最後の書類がASPCに届きました。

特に健康診断は、先々週の水曜にわざわざ会社を休んで受けたのに、実際にブリティッシュクリニックから発送されたのは、なんと先週の水曜(その前の土曜発送という約束だった)日程がタイトだから有給まで使ったのに・・・・

あとEMSですが、東京の場合は朝一番で出しても、普通の郵便局の場合は次の日の夜成田発になるようです。なのでシドニーにつくのがまる2日後、税関やらで配達は次の日になるので結局到着は4日目となります。急ぐ人は江東区の東京国際郵便局まで持ってく方がいいかも。

で、ここまでのTimelineです。
2004/9 IELTS1回目 平均6.0 Writing5でNG
2005/1 IELTS2回目 平均6.0 全科目クリア
2005/4/12 IEAust職歴査定申請
2005/4/12 ヴィクトリア州STNI申請
2005/4/30 IEAust職業査定合格(2125-13)
2005/5/9 南オーストラリア州STNI申請
2005/5/15 結婚
2005/5/24 南オーストラリア州STNIノミネート(ヴィクトリアに関しては合格後取り下げ)
2005/6/8 永住権申請書発送(Subclass 137)
2005/10/4 追加書類要求(健康診断、警察証明)
2005/10/19 健康診断、追加書類発送

ざっと構想から1年半ってとこでしょうか。自分が構想を思いついた時期だとSTNIは申請から2~3ヶ月ぐらいでビザが下りてたんですが、ここの所一気にスローダウンして、結構な時間がかかってしまいました。一応追加書類といっしょに、ケースオフィサー宛ての手紙に、「そこを何とか11月末までにお願いしますよ、税金たまらんっすから」と言う内容で訴えておきましたが、どうなる事やら。

さて本当に後は待つだけとなりました。
[PR]
by trancoso | 2005-10-24 12:49 | 永住権申請

健康診断完了

健康診断行ってきました。情報を少しだけ・・・

東京ブリティッシュクリニックですが、地図をダウンロードしてなかったら迷った事でしょう。http://www.tokyobritishclinic.com/ から地図をダウンロードしていきましょう。徒歩5~7分です。上り坂途中のアパートメントの2階です。でっかい看板はありません。入居団体をあらわす小さな看板に名前が書かれてるだけなので注意。

まず最初にパスポートを渡して、持参したフォームに受け付けの人の目の前でサインします。(家で書いていかないように!)あとは問診表の記入が終われば検査開始。

検尿→レントゲン→身長・体重→視力検査→聴力→血液→問診(聴診器とおなかを押すだけ、女の人は乳がんチェックのために乳を揉まれます←きゃー)

面白かったのは、聴力検査で看護婦の人がヒソヒソ声で「白い家」「大きな猫」とかいうのを聞いて繰り返すと言うものです。どうせならもう少し秘密っぽい事を話してくれたらよかったのに(笑

そんなこんなでここまでざっと、前に誰もいなければたったの10分ほどです。電話したときに一人1時間半って言われたのはいったいなんだったんでしょう?自分と妻の間に一人患者がいたので10分ほど待ち時間があってそれでも二人とも終了した時点でまだ10時半すぎでした。

検査結果は、再検査が必要な場合のみ通知されて、問題が無い場合はそのままEMSでシドニーにある移民の健康診断を判断する部署に送付されて判定が行われるそうです。ちなみに発送は再検査が無ければ土曜日といってました。念のためにEMSの伝票番号を控えさせてもらったので、これでトラックすることができます。

しかし実質20分程度の検査で5万円とは、高すぎ。
[PR]
by trancoso | 2005-10-12 17:33 | 永住権申請

健康診断と渡航証明

Requestの届いた次の日、早速渡航証明(無犯罪)を申請するため、桜田門の警視庁まで行ってきました。思ったより巨大な建物で、さすが警察だけあって、周囲を多数の警官が警備してるんですが、お客に対してはホテルマンかと思うほど親切でした。態度悪いと「だから公僕は」とかいわれちゃうんでしょうね。

さすがに東京ともなると渡航証明の申請も半端じゃないのか、専用の部署がありました。最新式の機械でテレビ画面を見ながら一本ずつスキャナに指をぐりぐり押し付けて取っていきます。二人合わせて10分ほどで無事終了です。受け取りはきっちりと14日後と決められているようです。これが最も時間がかかる所で資料送付のボトルネックになってくるので一番最初にやる事をおすすめします。

必要書類:パスポート、住民票、戸籍抄本、オーストラリア政府からの手紙。


次にかかるのが、健康診断です。できるのはオーストラリア政府と契約してる病院のみで、都内には4ヶ所。うち新宿と杉並は遠いので却下。恵比寿と芝公園 両方共値段は25000+tax(たけーよ)、書類の郵送料が実費で2200円 という事で、対応のよかった恵比寿のブリティッシュクリニックの方に予約をいれました。(来週の水曜)時間は約1時間半との事でした。混み具合を聞いてみたら、基本的に平日はいつでも大丈夫。土曜ならその週はいっぱいなので来週以降という事でした。

困ったちゃんの「婚姻関係を示す書類」ですが、とりあえず住民票とその翻訳、この前旅行へ行ったときのチケットとボーディングパス、口座や電気料金、賃貸が共同口座担ってない事を説明するために、日本の戸籍制度や結婚制度ををくどくどと説明する手紙。旅行の写真。オーストラリア人の友達からのEmailなんかをとりあえず用意しました。

とりあえずこんなもんで、AIは終了かな。

で年内脱出計画なんですが、こちらが問題です。そろそろチケットを買わないと年末は混むし、特に値段が上がる前の12/15前後も意外と混むのです。そしてチケットを買うにもビザの動向次第な所もあるので難しいです。ビザのdecisionがなされた時にオーストラリア国内にいると、ビザ却下という恐ろしい事になるし、さらにビザが出てるのを知らずにETAで入国しようものなら、せっかくの永住権が無効になってしまう。

8日前まで3000円でキャンセルできるかなり安いメルボルン行きの航空券をみつけたんだけど、これにしても、12/8日までにビザが受け取れなかった場合はキャンセルするしか無くなってしまうって事で・・・・

今考えてるのが、この会社でバンコク行きと、メルボルン行きを両方購入しておいて、ビザが下りなかったらおとなしくバンコクへ行って、なんとかバンコクのオーストラリア大使館でビザを貼ってもらうようお願いするか、もしくは先にアフリカを旅行して、1年以内に日本に戻ってきてそっから移住か。決定が他人まかせなのがつらい所です。ともかく渡航証明の発給日に発送できるようにがんばらないと。
[PR]
by trancoso | 2005-10-07 18:28 | 永住権申請

Medical Requested

ふぅ、年末もどんどん近づき、会社の方からも「来期の契約どうしましょう?」といわれててあせってた所でしたが、やっとこさ健康診断等の要求が着ました。

追加資料要求の手紙と一連のフォームが添付資料でいっぱい貼り付けられていたんですが、これってプリントアウトして発送しろって事なんでしょうかね? フォーラムや他の人のブログを読んでも、メールでお知らせが来て、すぐ後に写真貼り付け済みの健康診断フォームが送付されてくるといってたんですが・・・ 経験者の方、教えてください。

あと、あらら と思ってしまったのが、婚姻関係を示す書類も要求されてた事です。
もちろん申請時に戸籍謄本とその英訳を添付したんですが、再度要求がありました。

例として、共同名義の公共料金の証明書や銀行口座、 遺言状、 公的に関係を証明する書類、 同じ行事やスポーツに参加した証明 その他諸々 どうしましょうって感じですね。
一応住民票と写真、あとこの前の旅行のボーディングパスぐらいを添付しようかと思ってるんですが、どうなる事やら。

もうひとつ面白かったのは、無犯罪に関する要求で、妻がニュージーランドに12ヶ月未満ですが、11ヶ月滞在していたので、ひょっとしてニュージーランドの無犯罪証明まで要求されたらやだなと思って、先週証明書要求を発送してたんですが、今日の手紙によると「ニュージーランド政府からオーストラリア移民局に、犯罪記録を開示する事の承諾書」みたいなものを記入して送るように指示がありました。

両政府の緊密化政策かなにかのせいで、お互いの政府同士で犯罪記録のやり取りが出来るみたいです。それにしても、12ヶ月未満なので本来なら必要ないはずなのにねえ。職歴は未満だと認めてくれないくせに(笑



とりあえずご報告まで。
[PR]
by trancoso | 2005-10-05 21:07 | 永住権申請

永住権審査のどうでもいい話

最近ネタが無いので、審査期間のお話。

British Expats Frorumでは、毎日毎日「おい、まだかよー」とか「もう待つのはうんざりだ」みたいな気の短いイギリス人の書き込みであふれかえっています。待っているといっても、健康診断のリクエストをたかだか3ヶ月程度待ってるだけ。Pre-July 2004の人(50週放置)ならまだしも

あとおかしいなと思ったのが、健康診断要求=それ以外の審査は通った とみなされるのが一般的なのですが、なぜかイギリス人たちは要求もされてないのに、勝手に先に健康診断をして結果を送りつけたりしてます(Front loded) なんでそんなにせっかちなんでしょうね?ビザの有効期間は、無犯罪証明書と健康診断から1年以内だから、それでビザが下りるのに時間がかかれば、有効期間が短くなるだけなのにね。

そうしたイライラ君たちが、あーだこーだケースオフィサーに電話して問い合わせたり、議論してる情報によると、

・ビザの審査はリージョン1~4によってまとめて行われている。
 (ヨーロッパ、US+インド、アジア、アフリカ+南米 だったかな)
・ケースオフィサーは、申請書を内部チェックする部署に送り、そちらで職歴やら書類にインチキが無いか電話で問い合わせたりウラを取ったりしてるのだとか。


ここ最近の申請から健康診断までの期間は
・Class 136(MODLでも関係なし) 3ヶ月程度
・Class 137, SIR 1ヶ月~3ヶ月

やはりポイント審査の必要がないSTNIは上の内部審査にかかる時間が短いんでしょうかね?今は一時的に申請期間が長くなっているようですが、それでも早い人は1ヶ月でメディカルリクエストが来ているようです。

あと審査期間もAustimelineなんかを見てる限りでは特にイギリス人だから早いとか、アジア人だから遅いなんてことはあまり関係無さそですね。
[PR]
by trancoso | 2005-07-31 18:30 | 永住権申請

Acknowledge Letter

たいしたイベントではないのですが、最近書き込みが増えて縦長になってきたので新しい記事をかいちゃいます。

昨日EMSの追跡調査で申請書がASPC(アデレード スキルド プロセッシング センター)に到着したことは確認したのですが、今日早速申請書受領のメールが来てました。もちろん$1845もの恐ろしい額のビザ申請代の引き落としレシートも。

いやあ早いですね。以前だと通知が来るまで2ヶ月ほったらかしとかザラだったみたいですが。
この分だと来月あたりに無犯罪証明や健康診断の要求があるかもしれません。

早く取れても一応年末までは日本にいようとはおもってるのですが?
[PR]
by trancoso | 2005-06-15 23:48 | 永住権申請

ビザ申請

今日会社の近くの郵便局から、永住権の申請書を発送しました。
送ったものは
・カバーレター
・Form47SK
・Form80 二人分
・IEAustからのSkill Assessment合格の書類
・IEAust申請書のコピー(念のため)
・Form1100(SAからのSTNIサポートレター)
・大学の卒業証明書(英文)
・大学の成績証明書(英文)
・戸籍謄本と翻訳(二人の出生証明と結婚証明として)
・現職の在職証明(英文)
・前職の職歴証明(英文)
・源泉徴収と翻訳
・IELTS成績証明書
・Booklet6 19,20ページのチェックリスト
・パスポートのコピー 二人分(某機関でOriginalのコピーである事の証明をもらった)
・写真4枚 二人分

全部でなんと330gもありました。EMSで丁度1500円でした。

去年の秋にIELTSを受けてから9ヶ月もかかっていましました。でも毎年移民法が改正される7月に何とか間に合わすことができてほっとしています。
オーストラリアはそれほどでもないみたいですが、ニュージーランドは以前「突然だけど今日で一般永住権制度を廃止します。つきましては技能永住制度を作るつもりですがまだ何も決まってません」なんてめちゃくちゃな事を平気でやっちゃいましたから。(笑

しかしこのSTNIって制度もかなり胡散臭いですよね。MODLで15ポイントしかもらえないのに、州のMODLに載ってるだけで70点で正式な永住権がもらえちゃうなんて、、、大学も現地人料金だし、メディケアも加入できるし、子供もオーストラリア人だし、110点も要求されるSIRとは雲泥の差ですね。私の予想では今後STNIはSIRの条件を満たした人のみが申請できるようになっていくのではないかと思っています。

一応これで、これから永住権を申請する皆さんへの参考となるような話は完結という事になりますが、今後とも何か動きとか、その他どうでもいい事を時々更新していきますので、また気が向いたらふらっと訪れてくださいね。

ではでは。
[PR]
by trancoso | 2005-06-08 12:08 | 永住権申請



日本も好きだけど、もう少しだけスローな生活がしたい。というわけで、オーストラリアはアデレードへ移住してみました。とりあえず仕事はみつかったんだけどどうなる事やら?
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
カテゴリ
お役立ちリンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
片麻痺が驚くほど回復した!
from 片麻痺治療
オーストラリアの医療制度..
from This is my life
自動車税の返還について
from 自動車税を極める!車の税金の..
その他のジャンル