移住する?

カテゴリ:自家製○○( 10 )

水栽培3

設置からちょうど4週間目の水栽培ですが、恐ろしい事いなっています。

b0042053_11115646.jpg

葉っぱがでか過ぎて容器が小さく見えますが、前回の写真をみてもわかるように、これは普通のサイズのバケツです。すでに小さなきゅうりが葉の裏側にたくさんできています。まさかたった1週間でこれだけ成長するとはうれしい驚きです。

一方でトマトは死にました。挿し木にする前のトマトも下の方から茎が黄緑色に枯れてきてたのですが、調べてみるとどうやらウィルス性の病気のようです。挿し木にも感染してたんでしょうね。葉が巻いてまったく成長が止まってしまったので撤去しました。

一方トレイの方も水菜が育ってきました。この熱波の中で水菜が育つ事がわかったのが大きな収穫です。夏場の葉物はやっぱり水栽培ですね。水菜は先週サラダにするのに初収穫しましたし、ミツバも大量に発芽したて育ってるので数週間もすれば美味しい親子丼が食べられる事でしょう。

b0042053_11191058.jpg

ところでシソがいまいちです。発芽したのに育たないというか。やっぱり100個ぐらい撒いて間引きしないとだめなのかな。
[PR]
by trancoso | 2010-02-27 11:20 | 自家製○○

プラム祭り

我が家にはプラムの木が二本あります。一本は甘いプラムの木でまだ小さくて実も100個ほどしかできないので、インコの大群に襲われてほとんど食べるまもなくなくなってしまいました。もう一本はサツマという種類で真っ赤になる酸味のきついソルダムに近いような物です。こっちは木が大きいので数百個はできるのでかなり収穫できました。しかしすっぱいのでいまいち使い道がなく、プラムジュースにしたりしてたんですが、まだまだ消費しきれないので、思い切って酒とプラム梅干にしました。

酒の方はプラムを煮出して砂糖を加えてジュースにした物をひたすら発酵させるだけです。4日ほどでかなりアルコール度数の高いお酒になりました。ジュースがちょっと水っぽかったので出来上がりも水っぽいですが、ロックで氷が解ける前にそのまま飲めるのでいいとしましょう。

b0042053_12111592.jpg


で一方のプラム梅干ですが、今回完全に熟してしまったので遅かったのですがまあ捨てるのも勿体のでだめもとで。海外では割とポピュラーらしいのですが梅の仲間であるプラム。中でもすっぱめの物は梅干にすると結構いけるそうです。来年は黄色くなったぐらいの物をぜひ梅干にしたいのですが、今年はとりあえずあるもので。

まず梅を綺麗に洗ってから、重量の2割程度の塩をすり込んでプラスチックの容器に入れて重しをします。自分は牛乳の入れ物に水を入れて重しにしたんですが、それだと特定のところにしか加重がかからないので、ここはビニール袋に水を入れて上に乗せるのが正解だったみたいです。しばらくすると塩分に引っ張られ水が出てきて梅酢が上がってきます。完全に梅が梅酢に使ったらシソなどを入れて(赤じそがベスト)さらに寝かして、2ヶ月ほどたったら天日干しします。

こっちはまだ作っている所でなんともいえません。取りあえず香りが梅酒のようなフルーティーな感じなんで、半分成功、半分失敗かなと思ってます。シソは赤じそが手に入らないので、ベトナム食品屋でいつでも売ってるベトナムシソ(表が緑で裏が赤っぽい)を使いました。ちなみにこのベトナムシソ、香りは大葉に比べたらぜんぜん弱いんですが、十分代替品として日本料理に使えますので、シソの香りが恋しい人にはお勧めです。

b0042053_12183975.jpg


さてまだまだ熟成中なんですが、いったいどーなる事やら・・・
[PR]
by trancoso | 2010-02-20 12:20 | 自家製○○

吉牛

日本にいたらどうって事ないけど、外国に住んでると異常に恋しい物のひとつにあげられるのが吉野家。でもこの吉野家、我が家から一番近い支店はなんと1300キロ彼方のシドニー店なのでおいそれと食べに行くわけにもいかず、だったら自分で作ってしまえという事で、いろいろ試行錯誤するのですが、どうしてももうなかなか似たような味に近づけません。

昆布だしやらワインなどは当然だし、風味を試すために干しえびを油でいためたり、味に深みを出すためにカラメルをあらかじめ作ってレシピに混ぜるなどは当然試したのですがどうしても今一歩。半分あきらめていた所に偶然ネットで見つけた牛ダシダ。これは韓国の基本調味料で日本でいうかつおだし粉末のようになんにでも必須な調味料らしいです。

b0042053_11392496.jpg


何でもこのダシの風味が吉野家に激似だとか。で早速いつも入れてるチキンストックの変わりにこの牛ダシダを使ってみました。主な材料は次のような感じ。(二人分) たまねぎ半分(輪切りにしてから半月状に切る)、白ワイン100ccぐらい。しょうゆ20cc、牛ダシダ 小さじ2杯半、昆布だし お好み、牛薄切り 200g(Korean ButcherのShabushabuが○)あとは煮込むのに必要な程度の水を加えます。

今回はダシダ効果を見るためにあえてエビやら凝った事はせずにシンプルに作ってみたのですが、結構近い味が出ました。あとはこれをアレンジしていけばかなり本物に近づけるはずです。

b0042053_11451543.jpg


ちなみにこの牛ダシダ大体どこの国でも100g入りの袋で200円以下で買えると思います。ちなみにアデレードだと$1.80ぐらいです。そんなわけで海外在住の吉野家フリークの皆さんはぜひ試してみてください。
[PR]
by trancoso | 2010-01-24 11:48 | 自家製○○

あんパン

最近すっかりだらだらで、もともと飽きっぽい正確もあって、キムチ作りもうどん作りも身が入りません。食べたいから仕方なく作るミタイナ感じで、新しい物にトライしないとどんどんずぼらになっていくのですが、ここは原点に戻ってパンでも焼いてみる事にしました。

最近アデレードでポピュラーになってるのが、中国パン屋。中国パンというのは西洋や日本と違って、確立されたジャンルであるといえます。10年前に世界一周途中によった中国で雨の後の筍のように乱立して他のがこれ。町中いたるところに「西式焼餅」(たぶんこんな表記だったはず)の看板をみかけました。特徴的なのは緑色のクリームやら、やたらココナッツの砕いた粉がまぶしてあったり、独特の物ですが、当時首都クラスにしかマクドナルドもなく、西側の味に飢えていたので美味しかったですね。トライしてみたい人はアデレードセントラルマーケットに一軒あるのでトライしてみて下さい。あんパンは日本のと同じで美味しかったです。

で、前置きが長くなってしまいましたが、あんパンは買えるものの、焼きたてのあんパンが食べたいと常日頃思ってた所に何と日本から帰ってきたばかりのお友達(アズキを買ってきたのかな?)があんこを作って持ってきてくれました。というわけで早速焼いたのがこれ

b0042053_15504394.jpg


卵をパン生地の塗る用に確保しなければいけないのですが、卵のぬめりでどろっとほとんど生地にはいってしまって塗りが薄いのと、オーブンの内部に結構温度ムラがあるらしくて見てくれはイマイチですが味はばっちりでした。今度はお友達に習ってあんこから自分で作ってみようと思います。
[PR]
by trancoso | 2009-08-23 15:52 | 自家製○○

プチリノベその1

前々からいくつかリノベろうとおもっていたのですが、なかなか腰が重くてのびのびになってました。でも来月ちょっと泊まりでお出かけする事になりそうなので、ねこの出入り口が必須なので頑張ってみる事にしました。

まずねこの出入り口ですが、普通のフラップだけだと野良猫が入ってきて滅茶苦茶にされてしまうので、磁石が鍵になってる、鍵を持った猫だけが通れるようになったものを採用する事にしました。その名もCat Mate(キャット マイト)どうやらイギリス製のようです。扉に穴をあけなくてはいけないので、Bunningsでジグソーを買ってきました。中国製の安っぽいのにしようとおもってたら、リョービ(結局は中国生産)の物が似たような値段であったので、それにする事にしました。型紙で線を引いて、ドリルで穴を空けてからジグソーで線に沿って切断していきます。

b0042053_21115747.jpg


初めて使うツールなんでちょっと手間取りましたが、こんな感じで完成しました。手前に転がってるのがくりぬいたドアの残骸。

次にやったのは屋根の瓦交換。細かに欠けてる部分はほうっておいても言いのですが、中にはよく見ないと分からない、真ん中で真っ二つにひびが入って割れてる物が数個ありました。天井から雨漏りがすることは無いのですが、これだとおそらく大雨の日は中の断熱材の上にぽたぽた落ちててもおかしくありません。不思議と割れてる箇所は釘で固定されてない(通常は1枚おきに釘で骨組みに打ち付けられてる。)ので、気合で上の瓦を持ち上げて引っこ抜いて、新しいかわらをその隙間に差し込みます。意外と大変な作業で手が擦り傷だらけになってしまいましたが、キチンとはまると瓦も固定されて、これで安心です。少しずつ欠けてる所をかも交換して行く予定。

最後は飲料水フィルター。これはここに引っ越してきてから水の臭い(カルキなど)が気になるようになって来ました。前の家は水だけはよかったのですが、これは地域によるので仕方ありません。流しの下にごついフィルターをつけることにしました。通常フィルターは浄水専用の蛇口やホースなどの付いたセットが200ドル以上で売ってるのですが、計算してみるとそんなに出す必要がないので、フィルターをケース、フィルター、ホース、配管などを自分で買ってきて取り付けることにしました。合計で90ドルぐらいだったと思います。水圧が高いので水漏れを止めるのに少し手間取りましたが、テフロンテープを厚めに巻いてきつくしめれば大丈夫でした。

b0042053_21221720.jpg


フィルター自体は一番いい物(といっても30ドル)のカートリッジを入れたので、カルキ臭さは完全に無くなって美味しくなりました。これで次回は良いビールが出来るといいんだけど。
[PR]
by trancoso | 2009-06-28 21:23 | 自家製○○

うどんリターンマッチ

土曜にいつものようにFairviewの高級Foodlandへいったのですが、先日の白菜何と2ドル90セントに値下げ!!アジア人が少ない地域なのでおそらく売れ残ったのでしょう。使うあてもなく1個ゲットした自分はつくづく週末主夫がいたについてきたと思います。

で、日曜の夜の献立ですが、めぼしい物がありません。しかたないのでしゃぶしゃぶの残り肉と白菜という、すき焼きの基本パーツのみを使用した質素な鍋をする事にしました。とそれを思いついたのが3時半。夕食まで残り3時間という事で、すき焼もどきに入れるうどんを打つことにしました。実はうどんは以前も打って得意なつもりになってたのですが、先日打ったら大失敗。温度によってレシピを変えなくてはいけないのを横着したからでしょうか?今回はキチンと計算式で塩の量を決めて配合しました。

そして気を使ったのが伸ばし。小麦粉生地というのはローラーで前後に伸ばしてもすぐに元に戻ろうとします。そこで前後に伸ばしながら左右に少し引っ張るとそこで安定してくれます。前回は途中で根気が切れて、ごれぐらいの分厚さなら大丈夫だろうと鍋に投入したのも敗因でした、ゆでると倍ぐらいに膨らんで団子みたい極太になってしまいました。どうやら食べたい太さの半分ぐらいのサイズで切るのがコツみたいです。

b0042053_19141651.jpg


今回はちょっと生地が薄すぎて切った幅が少し広かったので、少し平べったい感じの麺になってしまいましたが、コシも強くてうどんすき用にはぴったりでした。

そしてこれが貧乏すき焼。やっぱりオージービーフですので、煮込むと少し肉が硬くなるのと臭いが出ますが、これはこれでまあOKかなと。ちょとリスクですがとき卵にたっぷりつけて食べました。

b0042053_19183746.jpg


さすがに白菜だけですのでおいしそうには見えませんが、まあ週末の手抜き夕食という事で。
ガスボトルも補給してきたし、残りの白菜で今週末も鍋の予定です。
[PR]
by trancoso | 2009-06-15 18:22 | 自家製○○

DIY5 タイロッドエンドブーツ交換

忘れた頃にDIYです。
今回交換するのは、タイロッドエンドブーツというゴムの部品です。タイロッドというのはハンドルの動きを車輪に伝える為の棒なのですが、車輪との接続部分にボールジョイントがあって、そのボールジョイントをホコリや泥水から守るのがこのタイロッドエンドブーツです。

まず驚いたのは、プリメーラではこのブーツだけの部品がありません。タイロッドエンドごと交換しろという事なんでしょうか?ちなみにタイロッドエンドは1個8000円ぐらいします。バカらしいので近所のRepcoで汎用の部品を購入。二つで500円ほどでした。ちなみに日本でなら、シルビアS14用のタイロッドエンドブーツが純正部品であるので、それがプリメーラにジャストフィットします。今回の処置はあくまでも応急という事で、次回日本に帰ったときに部品をそろえて再交換しようと思います。

まず一番最初にしなければいけないのが、ナックルとタイロッドエンドの分離。ここは誤って外れると即死亡事故につながるので、ナットが割りピンで固定されています。割りピンを引っこ抜いてボルトをはずしていくわけですが、それだけでは外れません。ここはテーパー状の棒がナックルに圧入されているので、タイロッドエンドプラーという専用工具を使って引っこ抜く必要があるのです。しかしこんなめったに使わない工具をいちいち買うのもバカバカしいので、ホイールナットをタイロッドエンドのネジ部に取り付けてハンマーで叩きました。(そのまま叩くとネジを潰すので注意)あら簡単!あっという間に外れました。タイロッドが外れたらふるい破れたブーツをドライバーでこじってはずします。

b0042053_20325725.jpg

無残に破れたブーツ。今回はなぜか左側のみ


b0042053_20484791.jpg

タイロッドエンド


古いブーツが外れたら、グリスを少しふき取って新しいグリスを注入します。そして新しいブーツを取り付けるのですが、部品屋のおやじに外形のサイズを言って探してもらった所、どうやら表示サイズは内径だったようで、ぶかぶかでは無い物の全くしまりがないです。間違ったサイズを売りやがったのでしょう。まあ仮なので週明けにでも針金を撒きつけて絞っておけば大丈夫でしょう。

b0042053_20493635.jpg


今回はたった30分ほどの作業でした。タイロッドエンドプラーが無くても簡単にはずせたのがラッキーでした。次回はいよいよ発電機の分解、電極交換でしょうか?ラジエターはずさないといけないのであんまりやりたくないなあ・・・・
[PR]
by trancoso | 2008-05-23 20:55 | 自家製○○

携帯水耕菜園

最近職場ではやっている事の一つが、水耕野菜作り。お隣の機械製作室の方もなぜかNature Loverが多くてティールームは有機栽培やらその手の雑誌なんかが無造作に置かれています。

そのトップを走ってるのが、いつも斜め前の席で趣味を楽しむがごとく楽しそうに仕事をしているPくん(推定30歳)今まで完全自作で2つの水耕システムをつくったそうで、水量センサやタイマーなども仕事を生かして全て自作で制御部分までくみ上げてしまうほどのはまりよう。時々収穫した野菜をくれるのですが、一度貰った唐辛子は辛くて食べられた物ではなく、約1cmをフライパン一杯の炒め物に入れただけで激辛になってしまいました。北向きの庭にシステムを設置したのでしょう太陽を一杯に浴びて強力に育ちすぎたようです。そして最近ついに彼が手を出したのが、アクアポニックというシステム。これはもう肥料さえ使わず、水耕用のタンクで魚を飼ってその排出物で野菜を育てるという、完全地球循環システムです。先月金魚を貰ってきたとよろこんでいました。

我が家は残念ながら借家なのでそんな大掛かりなことをするわけにもいかず、なにせケチな大家が電気代などで文句をいう事は容易に想像できる(実際は水耕栽培にかかる電気代なんてポンプを回すのにかかる月数十円ほどなんだけど、いつもポンプを回っているのを見る事になるだろうから)ので断念。

その代わりといっはなんだけど、パッシブタイプ(ポンプを使わない)小型の実験菜園を作って少し前から観察しています。材料はアイスクリーム(2L)の容器ともう切れなくなった服を裂いた布(根が短いうちは水に届かないため、布で吸い上げて水分を供給するため)、あとは遮熱用のアルミホイルだけ。

植えたのは今まで惨敗続きで、未だにほとんど食べる事ができていない水菜、あとはパクチーとレタス。土に頼る必要が無いのでかなりの密度で植えまくりましたが、予想に反してある程度成長していくとそこからは爆発的です。20cm四方の空間で10本以上の野菜が元気一杯です。先日は豆腐と水菜のサラダを作ってみたのですがしゃきしゃきと水がはじけ飛ぶ水菜は最高に美味しかったです。

b0042053_16294750.jpg

携帯型野菜園


その他ついでといってはなんだけど、裏庭で爆発的に育ってしまったロケット(日本ではルッコラっていうらしい)の処分も行いました。ロケットは食べるとゴマの味がすると日本人のお友達に教えてもらって植えたのですが、すっかり放置してるあいだにここまで成長してしまい、かじると味は大根そのものです。ちゃんとゴマの味はするのですが、大根の辛味でぴりぴりします。という訳で逆転の発想で野沢菜漬けもどきを作る事にしました。

b0042053_163495.jpg

ぼうぼうに伸びきったロケット


今回は相方が色々とネットで検索してくれて、夫婦合作です。一応今の所野沢菜の香りだけはほぼ忠実に再現出来てますが、味のほうはもう少し先のお楽しみです。はてさてどうなる事やら

b0042053_16361358.jpg

[PR]
by trancoso | 2008-05-09 20:15 | 自家製○○

DIY4 フロントショックアブゾーバ、アッパーリンク交換

久しぶりの車のメンテです。

この前日本へ行ったときにごっそりと買い込んできた車の交換部品。オーストラリアで売られていないプリメーラはこの部品確保が生命線かと。とは言うものの今年で15歳、天寿を全うしてもあと10年ですので、必要に応じて確保していくつもりです。

今回は足回りのメンテ。何も峠仕様にするわけではなく完全にへたった所を交換するだけです。まず完全に油も抜けて何の役割も果たしてない運転席側のフロントショックダンパー。これは完全交換ですが純正品は高いので、純正品も作っているカヤバ製の物を2本購入しました。純正より若干硬い程度の設定が◎です。もう一箇所はフロントのマルチリンクサスの要、アッパーリンクの交換。これはアッパーリンクがゴムブッシュと一体になってるんだけど、輸入時の車検でブッシュがへたっていて車検に不合格。急遽特注で作ってもらったんだけど、この仕事がまたいい加減。作ったブッシュは明らかにオーバーサイズなうえに全く効いてません。そればかりかサイズがでかいので軸受け部分と干渉して段差を越えたり、アクセルを踏むだけでギシギシとうるさい音が出てかなり恥ずかしい状態でした。この二つを交換するとかなり足回りは改善されるのですが、これがまた大変でした。

まずショックを交換するには、フロントマルチリンクサスペンションをごっそり分解する必要があります。そして、足回り系のボルトはかなり強力に閉められているので、固着すると本当に回りません。今回も1本固着したボルトがあって、2日がかりでやっと緩みました。初日は前住民に貰った中国製のソケットレンチをセットして、手じゃダメなので足で思いっきりキックしてもびくともしません。CRCを吹いたりバーナーであぶったりしますがやっぱりダメで、ついに「回った!!」と思ったら回ったのは工具でした。ソケットはネジに負けてぐにゃりでした。さすが中国製。

仕方が無いので翌日、工具を買いに行きました。KTC(京都の)なんかが売ってたらベストなんですがあるわけもなく、オーストラリア製(台湾製造)のソケットと、ラチェットのついてない固定ハンドル(ラチェット付きは力をかけすぎると壊れてしまうので)。相変わらずびくともせず、ネットで色々とコツを探すもだめ。「手のひらでパンチ」などやってもてが痛くなるだけでした。足でぐいぐい押してもレンチがひん曲がりそうになり、ジャッキアップした車もゆれて恐ろしい。もうネジ切る覚悟で渾身のキック!!「ガギッ」やった。でもまだまだ、さらに数発蹴りを入れるとようやくボルトが緩みました。工場の工具があれば5分で緩むのに・・・・

で、リンクを分解してサスペンションを摘出したのがこの写真
b0042053_1964956.jpg


あとはバネとショックが一体になったサスペンション自体をばらしていくんだけど、これにはバネを縮めるための、スプリングコンプレッサーという道具が必須です。もしばねを縮めずに分解しようものなら、外れたナットが弾丸のように飛んで、ボディーに穴を空ける羽目になりますから注意です。このスプリングコンプレッサー、レンチで回すんだけどそれなりに力が必要。しかも100回ぐらい回さないといけないのでかなりきつくて、今日は完全に両腕とも筋肉痛で上がらないです。で、バネを縮めてダンパーを分解したのが下の写真

b0042053_19111574.jpg


奥に転がってるのが摘出したダンパー。完全にスカスカで、手で押してもぼよよーんという感じでこれっぽっちも効いてないです。その他周りに散らばっている工具類ですが、今回は本当に大仕事でした。もう少し細かい写真があれば良かったのですが、そんな余裕も無く、両手とも墨汁につけたように真っ黒だったためこれだけしかありません。

早速試運転に出ましたが、ギシギシ音は完全になくなり、段差を越えたときもしばらくフラフラしてたのが完全にダダッという感じで収まるようになりました。めでたしめでたしです。お店に出したら工賃で500ドル以上は軽く取られそうだけど、これからはこの辺ぐらいまでの交換なら自分でやれそうです。次は駆動系のブーツ類と発電機のオーバーホールの予定です。それまでに致命的な所が壊れないといいんだけど・・・・
[PR]
by trancoso | 2008-01-14 19:16 | 自家製○○

最近のブーム

最近の我が家のブームはといえば、、、キャンプと酒造です。

今まで色々作りましたが、ついに酒ですよ酒!。ビールなんですけどね、ビール作り?すげー!と思った人、こっちでは普通にスーパーでホップエキスとかビールを仕込むための材料が売られていて、割と簡単に作れるのです。という訳でこっちの人に話しても、へえ。という感じです。しかも我が家の場合は遊び半分、経済的理由半分です。

自分で作ると小瓶50本ほど詰めてたったの1500円でお釣りがきます。我が家でビールといえば底値(30缶$33と)で売ってる、WestendかXXXXの軽いのです。ちなみにアデレードではビールといえばCoopersです。間違ってもVBなんか飲もうものなら、近所から村八分です。でもCoopersは高い24缶で$40ぐらいしやがります。収入が入っても高い物は高いのです。じゃ、自分で作っちゃえという事で、$60はたいて(それでも特価)道具一式そろえました。

セットには、発酵用のポリタンク(25Lぐらい)、エアロック(炭酸ガスが外に抜けるが外の空気は中に入らない)、温度計、比重計、王冠打ち器、フィラー(瓶に注ぐときの長いつつ)と1回分の材料が着いていました。

b0042053_22403277.jpg


まずホップエキスの缶詰を開けて、ポリタンクにぶち込みます。水あめ状でいい臭いがします。お湯を入れてかき回してからその上から水飴を投入します。(普通の砂糖でもいい)。水を加えて20Lぐらいにしてからイーストを投入して待つ事約5日。その間もエアロックからゴボゴボ空気が抜けて、アルコールのいい香りがします。

そして比重計が規定の比重まで下がったら1次発酵が終わったら、瓶詰めです。この時点でビールは微炭酸ですので、このときに瓶に少量の砂糖を混ぜてから栓をします。これで再び酵母が発酵を行い炭酸の効いたビールになるわけです。砂糖の量を間違えると瓶が爆発するそうですので注意です。



瓶だけだと50本以上になってしまうので、1.25Lのペットボトル総動員です。全部つめる頃には病みあがりなせいもあって、かなり疲労困憊でしたが何とか終了しました。あとは2週間後のお楽しみです。

次回はぜひカスケードを仕込んでみる予定。
[PR]
by trancoso | 2007-04-10 23:04 | 自家製○○



日本も好きだけど、もう少しだけスローな生活がしたい。というわけで、オーストラリアはアデレードへ移住してみました。とりあえず仕事はみつかったんだけどどうなる事やら?
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
お役立ちリンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
片麻痺が驚くほど回復した!
from 片麻痺治療
オーストラリアの医療制度..
from This is my life
自動車税の返還について
from 自動車税を極める!車の税金の..
その他のジャンル