移住する?

Tax Return その他

今日は給料日だったので口座をチェックしたらびっくり。得体の知れない大金が振り込まれていまいた。はて?とよくよく考えると、先週申請したe-taxの還付が振り込まれていたようです。さすが電子申請だけあって早い・・・

さて前にもe-taxのことについて書きましたが、まあしっかり戻ってきたので素晴らしい制度のようですが、オージー流も健在でした。まず納税者番号を申告して源泉徴収された給与や利息収入については、全てこのソフトで税務局のデータベースから引っ張ってこれる仕組みになっているのですが、銀行の仕事が遅いらしく、6末で〆なのにデータが揃うのがなんと8月頭(HP上では7月中と発表されていた)。給与所得については8月頭と書かれているのに、いまだにデータが入りません。まあ、こっちは大学側から源泉徴収票を貰っていたのでそのとおりの金額を手入力で打ち込みました。

事業をやっている人や生活保護を貰っている人向けの項目がやたら多くて、一通り対話形式で入力するのは結構時間がかかりましたが自分に関係したのは、収入関係が給与、銀行利息、日本での不労所得の3つ。控除関係が配偶者扶養控除(15万円ぐらい返ってきます)でした。

もともと前会計年度は3ヶ月しか働いてないので、課税額がマイナス(マイナスになってももらえない)という事で払った税金が全額かえって来ました。来年からはほとんど帰ってこないんだろうなあ。まあ、思わぬボーナスだと思っておいしい物でも食べに行こうと思います。


さて、話は変わって家のインスペクションですが、先週も天気が悪くて遊びにいけなかったので5軒ほど見てきました。一軒目はプチ富裕層が大好きな南のサバーブ。家のレンジは400K-500K(4千万円~5千万円)古いけど綺麗な町並みが残るエリアにあってその家は何とガイドプライス320K!!でもオークションだからどうせ4千万以上は確実だろうけど。小さめの家で土地は広くてとても綺麗に保たれていました。気になったのがレンガの表面がヒビだらけになっていた事。築50年という事なのでその割には痛みが激しいなあと思いました。中まで達してないのなら全然かまわないのですが、建築様式ごとのチェックポイントなんかも勉強する必要がありそうです。

2軒目はヒルズと呼ばれる南の丘の上のサバーブ。ここもそれなりに350-500Kぐらいの家が立ち並ぶ中で300Kぐらいの家があったので行って来ました。緩やかな山の斜面に建っていていい感じですが、家自体はあまり綺麗に保たれていませんでした。人気のエリアなので自分がいる間だけでも20組50人ほどの人が見物に訪れていました。競争は激しいようです。

その後、前々からチェックしていた山間部の家を偵察に行きました。(インスペクションではないので外からチェックするだけ)この辺りはアデレードの軽井沢という雰囲気で、暑いのが嫌いなイギリス系のお金持ちが好んで住むエリアです。そこからさらにおくに入ったエリアで、ここも中心は400K-450K程度、その中で200K-350Kぐらいの家を見ましたが、ひどいもんです。谷底だったり急斜面に立っていて入口が二階だったり、とにかくどれも全くリーズナブルではなく「いらない」という家ばかりでした。350Kだとつまらない家なのに、450K出すとかなりいい家が買えるのが、今のアデレード市民の懐状況を端的に表してると思います。

まだまだ遠い先だと思っていた家探しですが、ここ2週間で105円を超えていたオーストラリアドルは一気に90円まで下がりました。15%の下落幅で、まさに大暴落という感じです。アメリカの住宅ローンが発端だそうですが、NHKなんかを見ていると市場にもかなり不安が広がっているらしく、当分この傾向は続くのかなと思っています。どこまで待つか見極めが難しそうですね。ここしばらくは為替からも目が離せません。
[PR]
by trancoso | 2007-08-16 23:16 | 移住後の手続き
<< 春です2007 インスペクション(家探し)始め... >>



日本も好きだけど、もう少しだけスローな生活がしたい。というわけで、オーストラリアはアデレードへ移住してみました。とりあえず仕事はみつかったんだけどどうなる事やら?
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
お役立ちリンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
片麻痺が驚くほど回復した!
from 片麻痺治療
オーストラリアの医療制度..
from This is my life
自動車税の返還について
from 自動車税を極める!車の税金の..
その他のジャンル