移住する?

本格的な定住に向けて1(プライベート保険)

半信半疑なジョブオファーですが、今日も電話かかってきました。何でも「人事部門の方から、各種証明書を要求されているので持ってきて欲しい」という事のようです。どうやら手続きも今の所は順調に進んでいるのかな?Ausie流どんでん返しがない事を祈るばかりです。

さて、ほとんどワーホリや留学生のノリで始まったオーストラリア居住生活ですが、仕事が見つかった事でようやく本格的に定住するんだと言う実感がわいてきました。そうなるとさらに色々な事を調べなくてはなりません。プライベート健康保険、モーゲージ、その他子供が出来たら出産やら手当ての申請もしなくてはなりません。

取り急ぎ始めたのが健康保険。

ご存知のとおり永住権保持者はMedicareという国の保険に加入できます。これは収入が無ければ無料ですし、働いてる人は自動的に給与から1.5%(一人頭$50,000以上の富裕層は割り増し)基本的に公立の専門医での診察は全て保険でカバーされます。

しかし聞こえはいいですが、GPなどに行く場合は薬代などを入れたら、半額程度しか実際にはカバーされません。全然安くならないわけですね。視力検診は無料ですが、歯医者もカイロも保険は効かないようです。しかも、大きな病気をしたときも、公立病院にしかかかれないので、救急で運び込まれても数時間放置とか、手術をする事が決まっても、数ヶ月先まで順番待ちで、待っている間に亡くなるという事例が多発してるそうです。これはたまりません。という訳でPrivate医療保険について調べてみました。


さて、今までノーマークだったプライベート保険ですが、調べてみたら3つの事がわかりました。

1.プライベート保険は政府主導で認可されたHealth Fundによって運営されていて、31歳までに加入しなかった場合は、毎年2%ずつ保険料が上がっていってしまいます。

2.プライベート保険ですが、加入すれば政府からの補助が30%出ます。(高齢者は35-40%)

3.高額所得者にもかかわらず、プライベート保険に加入していない人は、Medicare Levyが1%余分に加算されます。


ここで、はっとしたのが1です。多くの移民は移住した時点で31歳を超えています。なので上の規定では40歳で移住して保険に入ろうとしたら、一生涯20%もの割り増し料金を払う事になります。

しかしこれには猶予措置があって、着いてすぐの移民は、Medicare加入資格発生日(つまり、イニシャルエントリーの日)から1年以内に加入すれば、この割増料金を払わなくていいのです。これはいいニュースです。なのでうちの場合は今年の7月までに保険を探して加入しなければなりません。

ただしプライベートの保険といっても、免責金額があったり上限が決まっていたりで必ずしも元が取れると言うわけでは無さそうですが、今入ると割り増しが免除になると言うのはでかいです。もちろん日本人であれば大きな病気をしたときには帰国して即転入して国保で直すという素晴らしい選択肢があるわけですが、事故や急病の場合はどうしようも無いですので悩む所です。

30台後半でイニシャルエントリーだけ先にするようなケースの人はくれぐれも気をつけてくださいね。

あと、移民の先輩の皆様からの保険についてのアドバイスなどありましたらぜひよろしくお願いします!

(追記)
・移民後(Medicare加入資格発生日)1年以内にPrivate保険に加入しなかった場合は、その後加入した時点の実年齢で追加料金(loading)を加算されるそうです。という訳で、1年間の猶予期間の間に1年だけでもいいので加入しておくのも選択肢かも。一度Loadingゼロで加入してしまえば、あとは未加入期間があっても、その分だけが加算されていくので、30代後半の人で将来加入しようと思っている場合は元は取れると思います。
[PR]
by trancoso | 2007-01-31 19:35 | 移住後の手続き
<< 英語学校の話(追加情報) 就職戦線異状あり? >>



日本も好きだけど、もう少しだけスローな生活がしたい。というわけで、オーストラリアはアデレードへ移住してみました。とりあえず仕事はみつかったんだけどどうなる事やら?
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
お役立ちリンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
片麻痺が驚くほど回復した!
from 片麻痺治療
オーストラリアの医療制度..
from This is my life
自動車税の返還について
from 自動車税を極める!車の税金の..
その他のジャンル